灰色の容器

灰色のゴミ箱

何を注ぐべきかよくわからないのが一般的です 灰色のコンテナ、スペインのいくつかの都市にも茶色のコンテナがあるので。 現在、 リサイクルコンテナ リサイクルについても疑問がありますが、それらは知られています。 の中に 黄色い容器 プラスチックと金属の容器、青の紙と段ボール、緑のガラスがあります。 しかし、灰色のゴミ箱でリサイクルされるのは何ですか?

この記事では、それについてのあなたの疑問を解決するつもりです。

灰色のコンテナのエラー

それは灰色のコンテナに投げ込まれます

灰色の容器は伝統的なものとして知られています どこに預けるかわからないゴミを全部捨ててしまいます。 ただし、もちろん別のリサイクル容器なので、特定の種類の廃棄物を捨てる必要があります。

存在するすべてのゴミコンテナの中で最も古いものとして知られている灰色のコンテナ。 残りのリサイクルコンテナが導入される前から存在していたコンテナであり、目的地や廃棄物の種類に応じて色分けされています。 今日、多くの人々は、灰色の容器は他の容器に入らないすべてのもののためのものであると考えています。 明らかに、これは当てはまりません。

残りの容器に入らないという理由だけでどんな種類の廃棄物も注ぐことは完全な間違いです。 灰色であっても、どのタイプのコンテナにもダンプされない特定のタイプのゴミがあります。 これらの廃棄物は通常、 クリーンポイント。 それらのための特定の容器を持っている他のタイプの廃棄物もあります、例えば 廃油 と電池。 彼らのために、特定のコンテナがあります。 これらの廃棄物の問題は、それら専用のコンテナの頻度がはるかに少なく、分散していることです。

灰色の容器に何を注ぐか

灰色の容器

これらすべてで、私たちは次のような結論に達します。 灰色の容器に注がなければならないのは、リサイクルできない生分解性物質です。 リサイクルできないのは、処理して製品を作ることはできませんが、後で見るように他の製品を作るのに役立つからです。

この生分解性物質は通常、可能な限り効率的に管理するために焼却炉に運ばれます。 廃棄物の中で私たちはそれを見つけます それらは生分解性であり、私たちは食物、植物の残骸を持っています (それらは園芸剪定の残骸である可能性があります)および他の製品 ほこり、人や動物から集めた髪の毛、家庭ごみ、たばこの吸い殻、 コルク栓またはパッドやおむつなどの他の使い捨て衛生関連製品。

これらの最後の残留物は、食物や剪定の残骸などの有機物のためだけに準備されているため、茶色の容器に入れることができませんでした。 これは、処理プラントでの選択的分離とその後のリサイクルのプロセスを最適化するためのより詳細な分類になります。

これらの廃棄物はリサイクルされていますか?

すべてのごみ箱

この容器に入れたゴミはリサイクルされているのではないかと思われるかもしれません。 生分解性の素材なので、自然に分解してしまいます。 この質問に直面して、私たちはコンテナに捨てる廃棄物が正しく管理できることを確認することができます。 灰色の容器に正しく入れておくと、ごみをリサイクルしたり、その特性や容量に応じて目的地を見つけたりすることができます。

それはまた、各市議会が廃棄物政策に関して持っているプロトコルに大きく依存します。 一部の自治体では、他の自治体よりも高品質のリサイクルを実行するためのリソースの数が多いプロトコルがあります。

一部の廃棄物はリサイクルできますが、その組成と構造のためにリサイクルできないものもあります。 例えば、一般的に食品廃棄物、剪定材料、有機物からなる廃棄物では、これらの廃棄物を処理することで堆肥を作ることができます。 ただし、このコンテナはたばこの吸い殻や湿布などの他のものも収集するためです。。 堆肥が作れません。

堆肥を作るには、肥料として機能するのに十分な品質で、不純物が含まれていない必要があります。 不純物は通常、有機物ではないすべての物質です。 たばこの吸い殻は有機物に分解することも、植物に栄養を与えることもできません。 したがって、茶色のコンテナの存在。 衛生的な素材、たばこの吸い殻、灰などを使用。 何もできません。 彼らにとって最良の目的地は、管理された埋め立て地または焼却炉です。

茶色の容器との違いは何ですか?

新しい茶色の容器

これらのコンテナの存在、それらの使用法がどれほど類似しているか、そしていくつかの町や都市には何もないことに疑問を抱く人もいます。 ザ・ 茶色の容器 それが持つ特性とそれに与えられる使用法が十分に完成されなければならないので、それはまだあまり人気がありません。 有機性廃棄物専用の新しい容器です。 この容器の色も地域によって異なります。 茶色のものもあれば、オレンジ色のものもあります。

それらは、灰色の容器に堆積した有機性廃棄物を分離するために実施されています。 有機物を分離する力の大きな利点は、その後の処理を通じて肥料や堆肥として使用できることです。 このようにして、廃棄物をより有効に活用し、地下水と土壌のみを汚染する窒素肥料を減らすことができます。

より良いリサイクルと選択的な分離があれば、環境への影響が少なくなります。 リサイクルできない残りの廃棄物は 化学物質による汚染がないように焼却する焼却炉 灰色の容器内の他の種類のゴミと接触している。 この提案は、スペインのすべての町で茶色の容器が灰色の隣に来るまで、ますます広範になります。

この情報で、灰色のコンテナとその有用性についてさらに学ぶことができることを願っています。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。