太陽エネルギーの価格は27年までに2022%下落します

低い太陽エネルギー価格

一部の再生可能エネルギーが抱える大きな問題または障害のXNUMXつは、初期投資コストが高いことです。 ただし、GTM Researchからの新しいレポートによると、 太陽エネルギー設備の価格は、27年までに最大2022%下落し続けるでしょう。 イランは平均して価格を平均4,4%下げて27%にしました。

これは、発電に再生可能エネルギーを選択するすべての人々にとって素晴らしいニュースです。 これは、再生可能エネルギーの優位性に向けたエネルギー転換を進化させるための新しいステップになるのでしょうか。

太陽エネルギー価格が下がる

レポートは、太陽光発電システムの価格を予測します。 その中で、太陽光発電プロジェクトの価格の下落に寄与する継続的な傾向が見られます。 これらの価格は、モジュールの価格の低下により価格が下がるだけでなく、 しかし、より安価な投資家、フォロワー、さらには人件費によっても。

再生可能エネルギーを選択できるすべての地域は、この値下げの恩恵を受けるでしょう。 最近の記録的な低価格は、国のオークションシステムが安定して生産されており、非常に競争力のある入札をもたらしているインドから来ています。 これにより、価格はどんどん低くなっています。

レポートは、インドの大規模太陽光発電システムの価格が65ワットあたりXNUMXセントに下がったことを強調しています。これは、ほんの数年前には考えられなかったことです。 もちろん、 インドでこのような低コストが発生する理由のXNUMXつは、人件費が低いことです。これは、ソフトコストが低いことを意味します。

再生可能エネルギーは国際市場でますますニッチになりつつあり、まもなく各国をエネルギー転換に導くでしょう。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。