ご自宅に最適な太陽光発電システムの選び方

最適な太陽光発電システムの選び方

自家消費は、太陽光発電の利用を促進し、再生可能エネルギーの消費を増やすための素晴らしいアイデアです。 しかし、多くの人は、エネルギー需要を満たす最適な太陽光発電システムを選択する方法を知りません。 太陽光発電パネルやシステムにはさまざまな種類があります。

したがって、この記事では、家のエネルギー需要をカバーするために最適な太陽光発電システムを選択する方法と、どのような側面を考慮する必要があるかを説明します。

太陽光発電パネルの種類

ご自宅に最適な太陽光発電システムの選び方

利用可能な太陽光発電パネルの種類を定義する前に、太陽光発電パネルの効率は主に含まれるシリコンの品質に依存することを知っておく必要があります。 シリコンが純粋であればあるほど、太陽エネルギーを電気に変換する能力が高くなります。 したがって、それは驚くべきことではありません 太陽光発電パネルの約 90% は、ある種のシリコンで構成されています。

太陽光発電パネルには XNUMX つのタイプがあり、主な違いは品質 (シリコンの純度など) と製造です。

単結晶シリコン太陽光発電ソーラーパネル

これらは最も純粋なシリコンを含むため、市場で最も強力で効率的な太陽光発電パネルです。 また、非常に純粋なシリコンの円筒形ブロックを製造するチョクラルスキープロセスを使用して製造されるため、最も高価です。 このプロセスは無駄になります 大量のシリコンは、他の安価だが効率の低いソーラーパネルに使用できる可能性がある。

とても特徴的な外観をしています。 なぜなら、その太陽電池セルはシリコンウェーハを作成するために四面すべてが切断されているからです。 この設計は、製造コストを削減するために行われました。 このタイプのソーラーパネルには寿命があります 最長 25 年間の最長耐用年数を保証します。

多結晶シリコン太陽光発電パネル

このタイプの太陽光発電パネルにも成分としてシリコンが含まれていますが、チョクラルスキープロセスを使用していないため、単結晶太陽光発電パネルほど純粋ではなく、また高価でもありません。 これらの太陽光発電パネルの製造プロセスでは、生のシリコンを四角い型に流し込み、冷却して小さなシリコン結晶で構成されるシートに分割します。 実際、この製造プロセスはより単純でシリコンの無駄も少なくなりますが、同時にあまり効率的ではありません。

多結晶太陽光発電パネルと単結晶太陽光発電パネルを区別するのは簡単です。 多結晶太陽光発電パネルのセルは完全な長方形の表面を持っています。 ただし、単結晶シリコンパネルの角は丸い場合があります。 もう XNUMX つの重要な違いは、単結晶シリコンは多結晶シリコンよりも色が濃いことです。

多結晶太陽光発電パネルは単結晶太陽光発電パネルよりも効率が低いため、両方が同じ電力を発揮するにはより多くのスペースが必要です。 多結晶パネルは単結晶パネルよりも熱に敏感です。 温度が非常に高い場合、システムは室温で可能なほど多くのエネルギーを捕捉できず、高温はシステムの寿命に影響を与える可能性があります。

薄膜太陽光発電パネル

XNUMXつの太陽光発電パネルの中で最も安価であるため、国内の太陽光発電パネルの中でリーダーです。 この純粋なシリコンは太陽電池には使用されないため、製造が簡単であるため、コストが低くなります。

安価な製品を好む人にとって、それは最も安価な太陽光発電パネルではあるが、より複雑な構造を持つ必要があるため、その設置はより高価であることに注意することが重要です。 太陽光発電パネルの設置コストは高くなりますが、それでも最も経済的です。

最適な太陽光発電システムの選び方

ソーラーパネル

さまざまな種類のソーラー パネルを詳細に定義した後、その場所のエネルギー需要をカバーする最適な太陽光発電システムを選択する方法を学ぶためのヒントをいくつか紹介します。

セル数と電圧

太陽電池パネルに搭載されているセルは、太陽電池がエネルギーを貯蔵するために使用されるのか、それとも太陽光発電の自家消費プロジェクトが目的であるのかを理解することが重要です。

自家消費型の設置の場合、 パネルは通常 36 セル (12V) または 72 セル (24V) です。。 バッテリー容量に応じて、セル数が多いまたは少ないバッテリーを選択してください。

出力

このデータは、受け取った太陽エネルギーからパネルが発電する能力を決定します。 このパラメータは、太陽光発電パネルを設置する表面ではめったに発生しない特定の条件下で測定されます。 もちろん、この値は、同じ寸法の XNUMX つのパネルを比較するのに役立ちます。

定格動作温度での出力電力

優れたソーラーパネルは、テクニカルシートに特定の特殊なパラメータで生成される電力を詳細に記載していることに加え、より一般的な温度で生成される電力も示しています。

公差

出力電力は、太陽光発電パネルを構成するコンポーネントなどのさまざまな問題により異なる場合があります。 このデータは、% または W で表すことができます。たとえば、許容誤差が +/- 100% の 5W パネルがある場合、 パネルがいくつかの要因に応じて 95 W ~ 105 W を生成できることを意味します。 100W パネルの価格が 100 ユーロの場合、各 Wp は 1 ユーロの価値があることを意味しますが、許容範囲が +10% の場合、0,90 つの Wp に XNUMX ユーロのコストがかかる場合があります。

効率

太陽光発電パネルに100W/m2を照射したときに発生する電力パラメータで、単位は平方メートルです。 現在、このパラメータは高性能太陽光発電パネルの中で高く評価されており、通常は最も高価です。 効率の数値が高いほど、ソーラーパネルはより強力です。

電力温度係数

電力温度係数によって電力出力が決まります。 25°C を超えると XNUMX 度ごとに太陽光発電パネルで無駄になります。

公称セル動作温度

これらのデータは、通常の室温 (20°C) および 800 平方メートルあたり XNUMX W の照射におけるモジュール セルの温度です。 つまり、モジュールセルの過熱が少ないほど、太陽電池パネルのパフォーマンスは向上します。 一般に、NOCT が低いほど、パネルの効率は高くなります。

家庭用に最適な太陽光発電パネル

太陽光発電システム

太陽光発電パネルのすべての種類と太陽光発電パネル技術表で考慮する必要があるすべての重要な要素を説明したら、一般的にどの太陽光発電パネルを住宅用に購入する必要があるかを知る必要があります。

家庭用におすすめの太陽光発電パネル 通常、それらは多結晶パネルですプロジェクトに大きな経済資本がない限り、単結晶パネルと比較してそれほど重大な違いがないためです。

家にスペースの問題がある場合、または過度に高温の地域にある場合は、単結晶パネルを選択する必要があります。 テクニカルシートでわかるように、多結晶パネルは高温にあまり耐えられません。

薄膜太陽光発電パネルも家庭分野で推奨されていますが、多結晶または単結晶パネルと同じ表面積を得るにはより多くの表面積が必要です。

この情報により、ご家庭のエネルギー需要をカバーする最適な太陽光発電システムの選び方についてさらに学んでいただければ幸いです。


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。