透明な木

透明な木

確かにあなたは今まで聞いたことがあります 透明な木。 これが新しいことではない場合。 それは以前に発明されたものであり、研究室から出たものではありませんでした。 この技術の開発は非常に限られており、大規模な使用は考えられませんでした。 私たちが知っているように、科学はますます速く進歩しています。 一部のスウェーデンの科学者の貢献により、物事は劇的に変化しました。 透明な木材はすでに大規模に使用できます。

この記事では、透明な木材とは何か、その用途とその生成方法について説明します。

透明な木とは

透明な木材を大量に製造できる新しい方法が考案されました。 この科学の進歩のおかげで、より環境にやさしい透明な木材を使用した製品を作ることができるように、幅広い可能性が開かれています。 これらのタイプの進歩のおかげで、建物とソーラーパネルは、より高い収益性とより興味深い生態学的側面で構築することができます。

透明な木材を作るために、研究者たちは木材の一部であるリグニンと呼ばれる物質を化学的に除去しなければなりませんでした。 リグニンは野菜の木質組織に現れる成分であり、非常に重要な機能を持っています。 木材中のリグニンの機能は、セルロースの形をまとめて、それらの生活に不可欠な機能を実行することです。 リグニンのおかげで、木材は優れた剛性を持ち、微生物に対する防御システムを改善します。 このように、リグニンの存在により、樹木はさまざまな病気や害虫から身を守ることができます。

透明な木材を作るためには、リグニンを取り除く必要があります。 硬くて暗い色にするこのコンポーネントは、その25%の一部です。 それは植物の生命にとって複数の重要な機能を実行するのに役立ちますが、私たちが何かを構築しようとしている場合、それはすでに私たちに役立ちます。 リグニン それは、加工された木材が光を通過させないようにするなどのいくつかの用途を持つことを可能にします。 これは、木材を使用する状況に応じて、利点または問題になる可能性があります。

リグニンがそれに当たるすべての光の90%を排除するのに役立つという事実は、より限定されたグリーンプロジェクトを開発することになると不利になる可能性があります。 このコンポーネントを削除すると、白いマテリアルになり、通過する光を制限し続けます。 したがって、木材は透明である必要がありました。

透明な木がどのように作られるか

透明な木の特徴

メリーランド大学の科学者たちは、リグニンの白色を除去するためのプロトコルを確立するために、木材のすべての特性を調査していました。 木材からリグニン分子を取り除き、セル構造のエポキシに無色のセルロースを充填することで、高い透明性を得ることができました。 これが彼らが透明な木を作ることに成功した方法です。

この種の木を新しいガラスと呼ぶ人がいます。 エポキシまたはポリエポキシドを木材に加えると、透明になります。 このエポキシ 触媒や硬化剤と混合すると硬化する熱硬化性ポリマーです。。 これは、木材に対する透明性と耐性を実現するために大規模に行うことができます。 この製品は、従来のガラスよりも高い硬度と抵抗で実現できます。 これらの特性により、木材は透明になり、新しい建物やソーラーパネルを作成するための製品または非常に興味深いものになります。 さらに、生態学的側面を追加することができれば、私たちは大きな科学的進歩を達成するでしょう。

透明な木で 長期的に持続可能な建設を実施することを目的としています。 科学者たちは、車の窓の製造に使用したり、通常ガラスを使用する透明な表面の代わりに使用したりできると主張しています。 従来のビデオのXNUMX倍の硬さと強度を持つことで、自分自身をよりよく保護できることを覚えておく必要があります。

太陽エネルギーでの使用

前に述べたように、透明な木材の主な用途のXNUMXつは、ソーラーパネルの作成です。 この新しい発明は、すべての太陽光発電太陽エネルギー技術に大きな革命をもたらすことができます。 洗練された機能を備えた高度なソーラーパネルを作成できます。

アイデアは、透明な木材が私たちに与える透明性を利用して、トラップセルへの光の侵入を容易にすることができるようにすることです。 これに、光をよりよく保持するために、通常70%を超える木材の濁度が追加されます。 目的は、太陽電池パネルの近くで光を跳ね返らせ続け、それを吸収することによってその仕事をすることができるようにすることに他なりません。。 この革命のおかげで、太陽エネルギーの生成においてより高い効率を達成することができます。

従来の木材の主な特徴は、その靭性、低密度、熱伝導率または抵抗力です。 また、優れた耐久性やアクセス性など、他の機械的特性も備えています。 持続可能な資源であるためには、それは再生可能な資源から来なければなりません。 バイオマスが再生可能エネルギーであるかどうかについては大きな論争がありますが、木材が持続可能なプランテーションからのものである場合、それは別の再生可能エネルギーと見なすことができると考えることができます。

透明な木材の発明のおかげで、木材の使用をさらに増やして、安価で再生可能に保つことができます。 保存できます すべての自然の利点とまた光を入れます。 このおかげで、ファサードの内部の明るさを増すことができ、それはユニークな建築材料になる可能性があります。

建設が使われるだけでなく、それを収容できる分野はかなりたくさんあるでしょう。 たとえば、フィールドで持続可能な自転車、モジュラー住宅などを構築するために使用できます。 前述したように、多くの人は木材を持続可能な資源とは考えていません。 心に留めておくべきことは、木材が管理された栽培プランテーションからのものである場合、それは森林破壊を防ぐのに役立つということです。

この情報で、透明な木材についてもっと学ぶことができることを願っています。


2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   アレクサンダー

    最初の段落には多くのエラーがあるため、公開する前に彼らが書いたものを確認することは悪いことではありません。

  2.   -

    従来のガラスの使用は、「持続可能性」の観点から透明な木材にうらやましいことは何もないことは明らかです。 木材は、環境に完全に配慮し、長期的に持続可能な農場から調達する必要があり、エポキシ処理には大きなエコロジカルフットプリントがあります。 また、リサイクルできません。破損した場合は、パネルを新しいものと交換する必要があり、化学的に処理された廃棄物が発生します。 ガラスは完全にリサイクル可能であり、廃棄物を発生させませんが。 このタイプの木材が、「エコロジートレンド」を利用してお金を稼ぐことを目的としたグリーンを装った別の製品にすぎないことを確認するために、多くの計算を行う必要はありません。