空気熱設置要件

家庭用空気熱設置要件

エアコンの使用による電気代の高騰を考慮すると、より再生可能で効率的な代替手段が登場しつつあります。 普及しつつある最もよく知られた代替手段の XNUMX つは、空気熱エネルギーです。 その中で最も疑問が生じるのが、 空気熱設置要件 そして、そのために何を知る必要があるのでしょうか?

この記事では、空気熱エネルギーを導入するための要件と考慮すべき点について説明します。

空気熱とは何ですか

自宅でエアロサーマル

空気熱エネルギーは、空気に含まれる熱エネルギーを利用した空調・温水製造システムです。、低温でも。 このプロセスは、冷媒流体を使用してある場所から別の場所に熱を伝達できる装置であるヒートポンプに基づいた技術のおかげで可能になります。

つまり、空気熱エネルギーは、寒いときでも外気から熱を奪い、それを建物内に伝えて空間や水を加熱します。 これは、冷媒流体が外気から熱を吸収し、圧縮されて温度が上昇し、その熱を建物内に放出する冷凍サイクルによって実現されます。 やや複雑に聞こえますが、これは冷蔵庫内で発生するプロセスに似ていますが、その逆で、冷却の代わりに加熱されます。

空気熱エネルギーの利点の XNUMX つはそのエネルギー効率です。 周囲の空気などの再生可能かつ無料のエネルギー源を利用しているためです。 さらに、このシステムは暑い季節に建物内を冷却し、空調として機能させることもできます。 一方、設置には初期投資が必要ですが、長期的には光熱費を大幅に節約できます。

空気熱システムを設置するには何が必要ですか?

空気熱設備にはいくつかの要素と考慮事項が必要です。 空気加熱設備の一般的な要件は次のとおりです。

  • ヒートポンプ: 空気熱設備には、外気から熱を抽出して建物内に伝達するヒートポンプが備わっています。 ヒートポンプは空気加熱システムの主要コンポーネントであり、設計や特定のニーズに応じて建物の屋外または屋内に設置できます。
  • 熱分布: 空気からの熱エネルギーは暖房と冷房の両方を提供するため、適切な熱分配システムを備えていることが非常に重要です。 これには、建物の好みや特性に応じて、水ラジエーター、床暖房、ファンコイル、空調ユニットなどが含まれます。
  • 慣性タンク: これは、空気熱設備の有用なコンポーネントとなる可能性があります。 その主な機能は、ヒートポンプによって生成された過剰な熱エネルギーを貯蔵し、必要に応じて徐々に放出することです。 これは、システムのパフォーマンスを最適化し、エネルギー効率を向上させるのに役立ちます。
  • ACS デポジット: DHW (家庭用温水) タンクは、温水を供給する建物内の暖房設備の基本的な部分です。 空気の熱エネルギーは、ヒートポンプを通じて衛生水を加熱するために使用できます。

空気熱設置要件

空気熱設置要件

空気熱設備を正しく実行するには、いくつかの要件を満たす必要があります。 主なものは次のとおりです。

  • 室外機を置くスペースも十分: エアヒートポンプ室外機は適切な設置場所が必要です。 このスペースは、空気が入ってシステムが効率的に動作するために、十分な大きさと十分な換気が必要です。
  • 電力供給へのアクセス: ガス暖房ユニットはネットワークに接続する必要があるため、近くに電気接続ポイントがあり、システムに電力を供給するために必要な容量が必要です。
  • 断熱: 建物の断熱性が優れていると、ガスの熱エネルギーの効率が最大化されます。
  • 建物評価: 設置前に、建物の技術評価を行うことをお勧めします。 HVAC の専門家または暖房会社はこの評価を実行して、ヒート ポンプの適切なサイズと建物の冷暖房のニーズを決定できます。
  • 地域の条例と規制: 空気熱システムの設置に関しては、現地の条例や規制を参照してください。 設置を開始する前に、必ず法的要件を遵守し、必要な許可を取得してください。
  • 資格のある専門家: 空気熱エネルギーの設置は専門知識を必要とする専門的な作業であるため、資格と経験のある専門家がいることが重要です。

すでに建っている家にも設置できますか?

はい、すでに建築されている住宅に空気熱設備を設置することは可能です。 設置の実現可能性と範囲は、スペースの利用可能性、既存の熱分配システム、建物の特性などのいくつかの要因によって異なります。

熱風設置を実行する前に、設置の実現可能性とヒートポンプの適切なサイズを決定するために、建物の技術的評価を行うことをお勧めします。 室外機の設置に利用できるスペースを考慮し、スペースが限られている場合は、コンパクトなユニットや別の場所などのオプションを検討することが重要です。

家にすでに熱分配システムがある場合は、空気の熱との適合性を評価し、必要に応じて、低温ラジエーター、分割ラジエーター、および最も推奨される床下暖房などの新しいシステムを調整または設置できます。

さらに、 システムの効率を最大化するために、家の断熱レベルを評価し、必要に応じて改善する必要があります。 最後に、既存の電気インフラを調査し、空気ヒートポンプの追加負荷をサポートできることを確認することも重要です。

どこに設置すればいいのでしょうか?

ユニダッドエクステリア

暖房システム内で室外機を適切に配置するには、いくつかの要因を考慮する必要があります。

まず、 家や建物の外にユニットを設置するのに十分なスペースがあることが重要です従来のエアコンユニットよりも大きくなる傾向があるためです。 定期的なメンテナンスのためにユニットに簡単にアクセスでき、必要に応じて技術者が修理や清掃ができること、また特定の気象条件から保護するために保護された場所に設置されていることも重要です。

冬の間は室外機を日光に当て、暖かい空気を取り込んで最適な運転を行うことをお勧めします。 夏には、機械があまり太陽にさらされない方が良いです。 このためには、家の向きを考慮して最適な場所を選択することが重要です。

この情報により、空気熱設備の要件についてさらに詳しく知ることができれば幸いです。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。