搾りかすストーブ

搾りかすストーブ

市場には、あらゆる種類の燃料を使用する多くの種類のストーブがあります。 それらのXNUMXつは 搾りかすストーブ。 一度抽出した搾りかす油を燃料として使用するストーブの一種です。 多くのインストールを必要とせず、その操作は非常に簡単です。

この記事では、搾りかすストーブ、その特性、およびその仕組みについて知っておく必要があるすべてのことを説明します。

搾りかすストーブ

搾りかす空洞

搾りかすストーブの寸法とサイズは、考慮すべき最も重要な側面のXNUMXつです。 また、現在の市場に存在するさまざまなモデルから選択する際に考慮しなければならないさまざまな側面と特性があります。 寸法、重量、サイズが異なるモデルがあります。 それぞれのニーズを考慮に入れて、可能な限り適応できるようにする必要があります。 私たちが加熱しようとしている場所が小さければ、サイズと可能性が大きすぎる搾りかすストーブを持っていることは無意味です。 一方で、小さすぎてできないストーブを持っていても無駄です。 暖房する部屋が広い場合は、エネルギーを節約してください。

あなたがやや狭いスペースの家を持っている人の一人なら、いくつかのやや小さいストーブを購入するのが最善です。 これらはアパートやスタジオで持っているのに理想的です。 彼らはこれらのやや小さい部屋を暖めるのに十分すぎるほどです。 ほとんどの小さなストーブは通常測定しますが、これらの製品はサイズの点で変更することができます 50〜70センチ。

良い選択をするために、家の中にあるスペースを評価することをお勧めします。 サイズとパワーが大きいストーブか、小さいストーブのどちらかを選択する必要があります。 これはすべて、製品の最終価格に依存し、影響を及ぼします。 やや大きめのストーブモデルを選択すると、コストも高くなります。 それらは小さいモデルと比較して少し高価になる傾向がありますが、それらは広範囲に耐性があり、より効率的である傾向があります。

大型ストーブは通常110センチ以上の大きさです。 それらのほとんどは補助バーナーを備えているので、それらの動作はさらに保証されます。 最も普通のことはそれです 価格を気にする必要はありません、通常、マネーマーケットにはオファーがあるため、考慮に入れる変数はそれだけではありません。 ニーズに最適な製品を選択する必要があります。

搾りかすストーブを選択する際に考慮すべき側面

搾りかすストーブの利点

これらのストーブには、使用方法が正しければさまざまな利点があります。 冬の到来と低温により、このタイプのストーブをより頻繁に使用するのが普通です。 どんな家にも欠かせない楽器です。 良いニュースは、選択できるモデルがますます増えていることです。 ただし、異なるモデルから選択するための正しい選択を行うことをお勧めします。

ニーズに合った最高の搾りかすストーブを選択する際に考慮すべきさまざまな側面があります。 最初に覚えておくべきこと 購入する製品の品質を正しく評価することです。 品質が高ければ高いほど、たとえコストがいくらか高くても、その耐用年数は長くなります。 コストは無視できない要素です。 前に述べたように、ストーブ市場には、この製品を少し安くするのに役立ついくつかのオファーがあります。

常にそして常に、コスト抵抗の間に同等の豪華なストーブを選択するようにしてください。 サイズも重要です。 より広いエリアに理想的な大きなモデルがあります。 これらは、スペースを取りすぎるため、スタジオフラットなどの小さな領域では見栄えがよくありません。 最初に覚えておくべきことは モデルを選択する前に、製品を配置する予定のスペースを評価してください。

アプライアンスのパワーは、優れた搾りかすストーブを選択する際の最も重要な要素のXNUMXつです。 ストーブの電力レベルに応じて、その動作は大幅に変わる可能性があります。 最も普通のことは、市場には、望ましい効果を達成するためにさまざまな方法を使用する無数のストーブがあるということです。 ただし、 ガスを使うストーブや電気を使うストーブを好む人もいます。

さまざまなケースの動作が変わります。 ガスのものはより良い温度操作を達成します。 ほとんどのストーブは、150〜190度の確立された温度で動作します。 必要以上に強力な搾りかすストーブを入手すると、いくつかの結果が生じる可能性があるため、適切な選択を行うことが重要です。 力が 70歳未満は家族向け施設と見なされます。

搾りかすペレットの作り方

搾りかすペレット

その名前が示すように、搾りかすペレットはオリーブオイル抽出プロセス中に直接得られます。 この段階で、残りのオリーブ圧搾プロセスを混合して最終製品に到達します。 オリーブの固形部分(骨、皮、脂肪の残留物)だけでなく、残留物や植物性の水も見つかります。

搾りかすを入手するプロセスはここで終わりではありません。 これに続いて、粉砕および遠心分離の段階があります。 この副産物の結果はかなり高い湿度です。 いわゆる搾りかす油の抽出のために、搾りかすプラントで新しい抽出段階が実行されます。

搾りかす油が抽出され、 搾りかすはバイオマス燃料を作るために使用されます。 最終的な形態は、発熱量が高く低コストのペレットですが、主に発電所や火力発電所で使用されています。

利点

オルオペレットは依然としてバイオマス燃料であり、天然原料から作られた製品ですが、国産のペレットストーブやボイラーでの使用は、認定された無毒燃料であるため、まったくお勧めできません。 デバイスの正しい動作を保証する技術的特性を満たしてはなりません。

バイオフォレストリーペレットとは異なり、orujilloバイオ燃料は非常に高い水分レベルを持っています。 その結果、同様の性能を達成するための熱量と時間が大幅に増加します。 このタイプの粒子を使用することの不利な点とリスクはそれだけではありません。 搾りかすペレットには最大8%の灰が含まれています。 この事実は、それが家庭用ストーブやボイラーに適していないことを非常に明確にしていることは間違いありません。

この情報で、搾りかすストーブとその特徴についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。