家庭用に最適なソーラーパネル(太陽光発電機)

ソーラーパネル、家庭用太陽光発電機

La 太陽エネルギー それは自然が私たちに完全に無料で与えてくれるものの一つです。したがって、これらの自然源を活用して電気を無料で入手し、将来の光熱費を節約したり、お湯を沸かしたり、既存の電化製品をすべて接続したりすることが常に重要です。

物議を醸している太陽税が撤廃されたので、自分自身のエネルギーを活用できるように、これらを購入できます。 家庭、キャラバン、キャンプ用に設計されたパネルと発電機。そして、それらがあなたが自立することを妨げないようにしてください。

家庭用に最適なソーラーパネル(キット)

求めているものがシンプルであれば ソーラーパネルまたはキット 自宅に簡単に設置するには、次の推奨事項を考慮する必要があります。

家庭やキャンプに最適な太陽光発電機

一方で、 ソーラーパネル付き発電機停電時に自宅で使用したり、キャラバンやキャンプで使用したり、電源がない場所に電力を供給したり、さまざまな家庭用電化製品を接続して一般ネットワークからの消費を防ぐこともできます。この場合、推奨されるものは次のとおりです。

ソーラーパネルの種類

ソーラーパネルを備えた屋根

太陽光発電の世界には、製造技術と特性によって区別されるさまざまな種類のソーラーパネルがあります。各タイプには長所と短所があり、ニーズに最適なオプションを選択する際には考慮する必要があります。以下に、最も一般的な 3 つのタイプの詳細な分析を示します。

  • 単結晶シリコンソーラーパネル: 結晶格子内に単一方向を持つ半導体シリコン結晶から製造されており、より高い変換効率 (16% ~ 22%) が得られます。つまり、このタイプのセルは、光量が少ない状況でも優れた性能を発揮し、設置面積が少なくてもより多くのエネルギーを得ることができます。さらに、それらはより高価であり、高温に対する耐性が低いにもかかわらず、寿命がかなり長い傾向があります。
  • 多結晶シリコン太陽電池パネル: 多結晶シリコン、つまりさまざまな結晶方位が混合されたものから製造されており、より経済的ですが、変換効率は単結晶シリコンより低くなります (13% ~ 16%)。そのため、光が少ない状況では効果が低くなり、明るい気候ではより効果的になります。同じ発電量を実現するには、より広い表面積を設置する必要がありますが、十分なスペースがない場合は問題になる可能性があります。
  • ペロブスカイト太陽電池パネル:大きな可能性を秘めた新興テクノロジー。シリコンよりも安価で軽量な材料で製造されており、より高い変換効率 (研究結果では最大 25%) が期待できます。重量が軽く、どこにでも柔軟に設置できますが、まだ成熟しておらず、推定耐用年数が短く、さらに高温多湿にさらされると劣化します...
  • その他の技術: ソーラーパネルの効率を向上させ、コストを削減することを目的とした開発中の技術は他にもあります。その中には、アモルファス シリコン パネル (効率が低いため広く使用されていない)、ポリシリコンと同様の効率を持ちながら軽量で柔軟性に優れた CIGS パネル (銅、インジウム、ガリウム、セレン) や、有機材料で作られた有機パネルなどがあります。フレキシブル…

電気エネルギー貯蔵のためのバッテリー技術

リチウム電池はリサイクル可能ですか?

ラス ポータブル発電所 通常、発電されたエネルギー、または送電網からのエネルギーを蓄えるために充電式バッテリーを使用します。最も一般的なバッテリーの種類は次のとおりです。

  • リチウムイオン(Li-Ion)電池- 高いエネルギー密度を提供するため、コンパクトなサイズに多くのエネルギーを蓄えることができます。耐久性に優れ、自己放電率が低いです。ただし、高価であり、極端な温度に弱い場合があります。
  • リチウムポリマー (Li-Po) 電池- リチウムイオン電池に似ていますが、より軽量で柔軟性があります。ただし、この場合の電解質は液体ではありません。
  • リン酸鉄リチウム電池 (LiFePO4 または LFP): リチウムイオン電池よりも安全で安定しており、極端な温度に対する耐性が高く、火災の危険性が低くなります。ただし、エネルギー密度が低いため、同じ貯蔵容量でも体積が大きくなります。
  • 鉛蓄電池: 最も経済的なオプションですが、効率と耐久性が最も低くなります。自己放電率が高く、重くてかさばります。

太陽光発電システム用の発電機やバッテリーを選択する際には、これらすべてを考慮する必要があります。

最適なソーラーパネルと発電機の選び方

エネルギー発生器

ニーズに適した発電機または発電所を選択することは、複雑な作業となる場合があります。、特性、技術、価格が異なるさまざまなモデルがあるためです。正しい決定を下すには、次の仕様を評価する必要があります。

  • - 発電機または発電所の電力はワット (W) またはキロワット (kW) で測定され、同時に電力を供給できるデバイスの数を決定します。使用するデバイスの合計電力を超える電力を選択してください。たとえば、消費電力150WのPCと2000Wのヒーターを接続する場合は、最低でも2500W、さらに多くの機器を接続する場合はそれ以上が必要です...
    可搬性: 発電機を頻繁に移動する必要がある場合は、可搬型の軽量モデルを検討してください。モデルによっては、簡単に移動できるように車輪が付いているものもあります。
  • ポートとコネクタ: ほとんどの発電機には通常、Schuko または IEC のプラグまたはコンセントが付いています。これは、接続するデバイスと互換性があるために重要です。一般に、特に必要がない限り、このケースに必要なソケット数を備えた Schuko タイプを選択することをお勧めします。さらに、一部のモデルには、モバイル デバイスなどを充電するための USB ポート (A および C) など、別の一連のコネクタが付いています。

Al 太陽光発電ソーラーパネルを選ぶ、次の技術的特性に注目することが重要です。

  • 変換効率: パネルが電気に変換する太陽エネルギーの割合。効率が向上すると、より少ないパネルでより多くのエネルギーが生成されることになります。
  • 定格電力: は、理想的な条件下でパネルが生成できる最大電力です。これはワットピーク (Wp) で測定されます。
  • 寸法と重量: パネルのサイズと重量は、必要な構造の強度に加えて、設置スペースと組み立ての容易さに影響します。

太陽光発電に対する補助金・補助金

ソーラーパネルの設置

幸いなことに、ご自宅を太陽エネルギーに変換したい場合は、 スペインにはさまざまな援助や補助金があります 2024 年までに個人住宅への太陽光パネルの設置を奨励することを目的としています。ただし、残念ながら、設置を行うには認定企業に依頼する必要があり、必ずしも設置を許可してくれるわけではありません。

ラス 最も重要な援助 音:

  • 国家レベルでは、有名な次世代基金があります。 IDAE (エネルギー多様化・節約研究所) によってスペインで管理されているこの欧州プログラムでは、太陽光発電の自家消費の設置に多額の資金が割り当てられています。援助は総投資額の最大 45%、最大 6.000 ユーロ/kWp をカバーできます。 2024 年の募集はまだ公表されていませんが、今後数か月以内に募集が開始される予定です。
  • 地域レベルで: 各自治コミュニティには、太陽光発電の自家消費に対する独自の援助制度と補助金があります。特定の条件と要件は地域によって異なるため、詳細な情報については、自治コミュニティのエネルギー移行部門または環境部門に相談することをお勧めします。地域補助金の例:
    • アンダルシア: 「住宅建物のエネルギーの更新と変革」は、投資の 45% まで、最大 6.000 ユーロ/kWp の補助を提供します。
    • カタルーニャ: 投資額の最大 50%、最大 7.000 ユーロ/kWp の補助を提供する「Solcat」の恩恵を受けることができます。
    • C.バレンシアナ: この地域では、投資の最大 40%、最大 6.000 ユーロ/kWp の補助を受ける「太陽光発電プラン」があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。