リサイクル可能な材料

再利用するリサイクル可能な材料

リサイクルに関しては、さまざまな種類の廃棄物や材料があることを知っておく必要があります。 多くの リサイクル可能な材料 選択的に分離してリサイクルするには、事前に認識しておく必要があります。 リサイクル可能な材料とは、以前のリサイクル処理のおかげで、主な使用後に再利用できる材料です。 それは、最も純粋な形として、その精巧な形にすることができます。

この記事では、リサイクル可能な材料の使用法とその内容について説明します。

リサイクル可能な材料の使用

リサイクル可能な材料

リサイクル可能な材料とは、主に使用した後に使用できる材料であると言っています。 まず、リサイクルと呼ばれる前処理が必要です。 プラスチックのような手の込んだ形で、ボトルを最も純粋な形で作りました。 それは車の不凍液またはオイルです、リサイクルプロセス後に新しい価値を引き出すことができます。 つまり、製品のライフサイクルに戻ります。

このタイプの材料は、リサイクルプロセス後に再び同じ材料になる必要はありません。 現在のユーティリティを利用してリサイクルされ、最大限に節約されたり、エネルギーを生成したりするものもあります。 の最も一般的なケースのXNUMXつ リサイクルによるエネルギーの生成は植物バイオマスです。 植物バイオマスは主に燃料の生成に使用されました。 植物の食べられない部分は、燃焼によって、または後に車両や発電機で使用されるバイオ燃料の製造のためにその油を抽出することによってエネルギーを生成するためにリサイクルすることができます。

他のリサイクル可能な素材は、私たちが考えている通常のイメージに従って使用されます。 このようにして、ペットボトルを使用して他のペットボトルを再生することができます。 最も成功したリサイクル可能な材料のXNUMXつはガラスです。 ガラスびんは実質的に完全にリサイクルできます。

リサイクル可能な材料の堆積物

リサイクルするゴミ

リサイクル可能な材料がどのような用途に使用できるかがわかったら、それが何であるかを見てみましょう。 今日の技術の進歩のおかげで、私たちは何らかの方法で使用できるリサイクル可能な材料のリストを増やしています。 それにもかかわらず、 時々、間違った容器に廃棄物があり、その後の使用が許可されていないことがわかります。 たとえば、ガラス容器の窓にミラーガラスなどのガラスを堆積させるものがあります。 これらの材料は、ガラス瓶のようにリサイクルすることはできません。

リサイクルできる材料を見てみましょう。

さまざまな種類のプラスチックおよび容器

レンガ、液体容器、アルミ缶など、あらゆる種類の容器を黄色の容器に入れてリサイクルできます。 白いポリスパンコルクもリサイクル可能な材料であり、黄色の容器に入れる必要があります。 ただし、天然マットレスを使用する場合は、有機物が残る灰色の容器に敷く必要があります。 ボトルの残りの部分はガラスでできていますが、プラスチックのキャップが黄色に注がれています。 つまり、プラスチック製のキャップを黄色の容器に入れ、残りを緑色の容器に入れます。

紙、段ボール、ガラス

リサイクルコンテナ

これらXNUMX種類の材料がリサイクル可能であることは明らかです。 一枚の紙から段ボールの容器まで、青い容器に入れなければなりません。 リサイクル率が高く、元の製品や他の製品に戻すことができます。

ガラスは最もリサイクル可能な素材です。 リキャスト工程のおかげで十分に活用できます。 アルミニウムで起こることとは反対に、このプロセスは必要な回数だけ繰り返すことができます。 アルミニウムでは、回収される量はますます少なくなっています。 したがって、ガラスをリサイクルしてグリーンコンテナに入れることが重要です。 クリスタルグラスやアドバンテージとミラーのクリスタルは緑色の容器に入っていないことを強調する必要があります。 この最後の結晶には酸化鉛が含まれているため、溶融するにはガラスとは異なる温度で行う必要があり、同じ方法でリサイクルすることはできません。 このため、ガラスをガラス容器に入れてはいけません。残りの有機性廃棄物と一緒に灰色の順序で配置しないでください。 磁器、お皿、コップなども同様です。

電池、電池、家電

それらをどうするかはあまりよく知られていないリサイクル可能な材料がたくさんあります。 技術的なデバイスとそれらに電力を供給するバッテリーを適切にリサイクルすることが重要です。 技術の進歩により、この種の廃棄物はますます豊富になっていることを考慮に入れる必要があります。 したがって、 どこでリサイクルするかをよく知ることが重要です。 バッテリー専用の容器がいくつかありますが、これらはすべてクリーンポイントに保管されます。 都市や市場など、通常はバッテリーの容器がある場所には、多くのクリーンポイントがあります。

そうでない場合は、あなたの地域やモバイルパークをエコパークに連れて行くことができます。 ライトチューブや小型家電製品などの一部の廃棄物は、移動するクリーンポイントに堆積する可能性があるため、あまり移動する必要はありません。 以来、リサイクル可能な材料に注意することが重要です。 それらのいくつかは地球に集中することができる有害物質を持っています。 企業は、原材料の消費を減らし、製造コストを下げるために、再び使用できるコンポーネントをますます使用することを選択しています。 リサイクルできない材料には、日数が付けられています。 そして、欧州連合によって、2020年までにリサイクルできない材料の作成が禁止されているということです。

技術と規制がリサイクル可能な材料の使用を促進しているので、 私たちは自分の役割を果たし、分離して預けることによって貢献しなければなりません 対応するコンテナ内の各もの。 このように、原材料の消費量を削減し、気候変動の削減に貢献します。

この情報を参考にして、リサイクル可能な材料、その特性、およびそれらをどこに預けるかについて詳しく知ることができれば幸いです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。