マクロ農場の環境への影響

マクロファームの影響

最近のニュースではマクロファームに大きな注目が集まり、社会的な議論が広がっています。ただし、マクロ ファームとは正確に何なのかを理解することが重要です。これらの大規模施設には数万頭の動物を収容できる能力がありますが、基本的な衛生と安全基準を確保するために必要な対策が欠けていることがよくあります。

この記事では、それが何であるかを説明します マクロ農場の環境への影響.

マクロファームとは何ですか?

豚

「マクロガンジャ」という用語は、集約的な生産方法を採用する大規模畜産農場を表すために環境団体や団体によって頻繁に使用されているにもかかわらず、これまでのところ確立された定義はありません。

集約的な畜産の実践では、豚、牛、鶏などの動物を工業用建物に閉じ込め、そこで飼料のみを与えられ、野原で草を食べたり、自然光を楽しむ機会が奪われます。こうした大規模な作戦の中で、 動物は十分な餌を与え、排泄物を適切に管理するには不十分な空間に閉じ込められている。たとえば、豚は狭い檻の中で飼育されることが多く、振り向くこともできないほど動きが制限されています。

環境保護活動家は、絶え間なく繁殖と肥育が行われているため、これらの施設を「食肉工場」と呼ぶことがよくあります。これらのマクロ農場は 1 年で 3 つの完全なサイクルを経ることができます。これは、施設が設計されたことを意味します。 7.200 頭の豚を飼育する場合、最終的には 21.600 か月で 12 頭という驚異的な動物を飼育することができます。

それらがどのようにして生まれたのか

環境とマクロファーム

歴史的には、小規模な家族経営の農場が農地の主な所有者でした。しかし、ここ数十年でビジネスモデルに変化が生じました。現在、家畜と施設を引き継ぐのは大手食肉会社であり、一方、牧場主はこれらの施設の管理を監督し、動物の排泄物や有機性廃棄物からなるスラリーの除去に責任を負うために雇われている。彼らのサービスと引き換えに、 農家はあらかじめ決められた固定価格を受け取ります。

さらに、動物が屠殺され、その肉が包装用に準備される屠殺場の運営を監督するのは、通常、同じ会社です。目標は、たとえそれが動物福祉を損なうことを意味するとしても、利益を最大化するために経費を最小限に抑えることです。

大規模な農業経営に伴う悪影響は何ですか?

マクロファーム

マクロ農場に関連する重大な環境への影響が主な争点です。一つの側面には有害なガスの放出が含まれます。 汚泥の分解中にメタン(CH4)、アンモニア(NH3)、亜酸化窒素(N2O)が含まれます。 これらの温室効果ガスは気候変動に寄与することが知られています。

対照的に、廃棄物処理には、大規模な貯留層の封じ込めと農業目的の肥料としての使用が含まれますが、この行為が過剰になると潜在的に土壌汚染につながる可能性があります。その上、 これらの物質が地下層に浸透すると、地下水源を汚染する可能性があります。 その結果、近くのコミュニティは汚染された土地と水の中で生活するという不幸な現実に直面しています。

大規模農場の支持者は、これらの施設が環境を保護し、農村地域の経済成長を促進することを目的とした手順を遵守していると主張していますが、現実には、これらの農場では、さまざまな作業で広範な自動化が使用されているため、通常、限られた数の労働者を雇用しています。

Ecoologistas en Acción が作成した「産業農場と人口減少」と題した報告書によると、特定の地域でのマクロ農場の設置は、 住民の数を増やすことができなかっただけでなく、多くの場合、人口の減少を引き起こしました。

食肉生産における水の使用は、さらなる環境への影響を与えます。平均的な豚は毎日約 12 リットルの水を消費します。 施設内を清潔に保つためにはさらに一層の努力が求められます。 さらに、動物の虐待は、環境団体が肉消費量の削減を推進するもう一つの理由となっています。

政府とマクロファームの間の衝突

マクロ農場経営とその環境への影響の問題は、ヨーロッパのいくつかの国で激しい議論を引き起こしており、スペインもその一つです。アルベルト・ガルソン消費者大臣が次のような懸念を表明してから、この議論は勢いを増している。 ガーディアン紙とのインタビューでマクロ農場の農村地域への悪影響について語った。

前年末、欧州委員会はスペインに対して措置を講じ、硝酸塩汚染に関する規制を遵守せず、条約に定められた義務を怠ったとして、欧州連合(EU)司法裁判所に提訴した。欧州グリーンディール。

大規模農場に対する国民の懸念が高まっているにもかかわらず、どの国もその経営を禁止したり規制したりする実質的な措置を講じていない。欧州連合内で著名な農業勢力であるフランスは、エマニュエル・マクロン大統領が生産と消費の両方の慣行を改革する必要性を主張している。同様に、スペインに次ぐEU第2位の豚肉生産国であるドイツでは、緑の党が連立政権内の議題の一環として畜産の再構築を模索している。

米国では、自由に歩き回る動物でいっぱいの牧場という伝統的な光景が見られます。 それは、豚、牛、羊を狭いスペースに閉じ込める大規模な工業用倉庫に取って代わられています。 この変化は真の寡占をもたらし、4 つの大企業が農産物および食肉生産市場を独占しています。これらの企業は国の主要供給者としての地位を考えると、価格を決定する大きな力を行使しており、最終的には小規模牧場主や農家に損害を与えている。

ジョー・バイデン大統領とコーリー・ブッカー上院議員が主導する取り組みの中で、大規模農場の設立と拡大を抑制することを目的とした農業システム改革法案が支持を集めた。

この情報により、マクロファームが環境に与える影響についてさらに学ぶことができることを願っています。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。