ソーラーパネルのしくみ

ソーラーパネルが屋上でどのように機能するか

再生可能エネルギーの中で、太陽エネルギーが最も多くを与えていることを私たちは知っています。 小規模な自家消費施設の場合、スペインは少しずつ増えています。 太陽光発電パネルの設置を選択する家庭はますます増えています。これは、電気代を大幅に節約でき、時代の厳しい環境責任を獲得できるためです。 しかし、多くの人は知りません ソーラーパネルのしくみ.

したがって、この記事では、ソーラーパネルの仕組みとそれに関連するすべてのことを説明します。

太陽光発電ソーラーパネルのしくみ

ソーラーパネルはどのように機能しますか

その名前が示すように、太陽エネルギーは太陽からのエネルギーを利用して電気エネルギーを生成します。 太陽エネルギーの利点の中には、環境を汚染しないことがわかっていますが、その継続性などの特定の欠点もありますが、無制限です。 太陽光発電は、まさに特定の材料ができる必要がある特性です 太陽放射にさらされると電流を生成します。 これは、太陽光のエネルギーが電子を放出して電気エネルギーの流れを作り出すときに発生します。 太陽放射は光子の流れであることを知っておく必要があります。

ソーラーパネルがどのように機能するかを知るには、一連の太陽電池のモジュールで何が構成されているかを知る必要があります。 それらは、リンとホウ素が詰め込まれたシリコンの層にすぎません。 電荷を生成する太陽放射のおかげで、それはモジュールでそれらをシリアル化するようなものです。 電圧は使用可能なDCシステムに調整できます。 現在のインバーターを介して、ソーラーパネルで生成された連続エネルギーが家庭で使用される交互のエネルギーに変換されます。

インバーターに接続することによるエネルギーは、交互のエネルギーが形成される場所です。 日々消費されるエネルギーを交互に使うことを忘れないでください。 太陽電池によって提供される電圧は、常にかなり規則的で線形です。 ただし、供給される電流の量は、太陽電池パネルに当たる日射の強度によって異なります。 したがって、 ソーラーパネルの性能は、それが受ける光の強さに大きく依存します。 時間帯、時間帯、現在の天気に応じて、さまざまな基本状態があります。

ソーラーパネルの力

ソーラーモジュール

ソーラーパネルがどのように機能するかを理解するには、ソーラーモジュールの電力がどのように計算されるかをよく知る必要があります。 また、電力を測定するときは、パネルの性能も計算する必要があります。 で使用されるメジャー ソーラーモジュールはピークワット(Wp)で実行されます。 これは参照として使用される測定値であり、後でパネル間の比較を確立できるようにパネルのパフォーマンスを測定するのに役立つ測定値です。

ソーラーパネルに当たる日射量は、時間帯や時期によって異なることを理解しておく必要があります。 発生電流はかなりの振動で計算する必要があり、計算が困難になります。 私たちは常に同じ量のエネルギーを生成するわけではないので、多かれ少なかれ正確な推定を行うことができます。 この問題を解決するために、ピークワットが使用されます。 これらは、日射量と標準温度が与えられた場合のパネルによって提供されるパフォーマンスを表しています。 これにより、太陽光発電設備のサイズを決定する際に、ピークワット数を分析することが重要になります。 可能な限り最大の自家消費能力を得るには、それらを設置する必要があります。 ソーラーパネルを設置するときは、地理的領域、屋根の向き、角度など、すべての要素を考慮する必要があります。 このように、これらすべてのデータを入力して、消費量と期待値を分析し、それぞれのニーズに最適な設備のサイズを見積もる必要があります。

ソーラーパネルの仕組み:分類法

ソーラーパネル

ソーラーパネルは最初の製造以来大きく変化しましたが、今日ではより効率的にするために高度な材料で製造されています。 これのおかげで、私たちはあなたのパフォーマンスを十分に倍増させることができます 太陽エネルギーは代替エネルギーとして位置付けられており、再生可能であり、短期的および長期的に完全に収益性がありますまたは。 太陽電池の内部で発生するプロセスは、1905年にアインシュタインによって説明された効果です。

シリコンベースのパネルを比較するにはさまざまな方法があり、主にアモルファス、多結晶、単結晶のいくつかのカテゴリに分類できます。 それぞれのタイプのソーラーパネルの特徴を分析します。

  • アモルファスパネル:構造が定義されておらず、運用の最初の数か月で効率が大幅に低下するため、使用頻度はますます低くなっています。
  • 多結晶パネル: それらは異なる方向の結晶で構成されており、青みがかった色合いを持っていることで区別されます。 製造プロセスには、安価であるという利点がありますが、製品の効率が低下するという欠点があります。
  • 単結晶パネル: それらは最高品質の製品であると考えられています。 ここで、セルはパネルを形成し、均一な温度で固化する単一の高純度シリコン結晶で構成されています。 この構造のおかげで、それらはより高い性能と効率を持ち、電子がより自由に動くことを可能にします。 製造プロセスはより高価ですが、モジュールの効率が向上します。

単結晶プレートの利点

前者はほとんど時代遅れであるため、これらが最も推奨されます。 多結晶が存在する唯一の利点は、いくらか低価格です。 単結晶には、 日光への露出が少ない環境でより高い効率とより良い機能。 これは、環境条件がそれほど良くなくても、効果が失われないことを意味します。

彼は、この情報があれば、ソーラーパネルがどのように機能するか、そしてソーラーパネルが実行するすべてのことについてもっと学ぶことができることを望んでいます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。