クリーンポイントとは

都市のクリーンポイント

私たちの日常では、大量の家庭ごみが発生しており、それらすべてがリサイクルのための選択的分離の明確な目的地を持っているわけではありません。 家庭でリサイクルを始める人が増えており、ごみの種類ごとにどの容器を使うのか疑問が生じています。 都市における正しいリサイクルとその管理を支援する要素のXNUMXつは、 クリーンポイント。 それらは生態学的ポイントとしても知られています。 廃棄物を収集してカタログ化することに専念する施設に過ぎず、後でそれをうまく管理してそれを利用し、環境を保護することができます。

この記事では、クリーンポイントとは何か、その特性と重要性について説明します。

主要な機能

廃棄物をリサイクルするエリア

クリーンポイントは、市民が排出する廃棄物の収集と目録作成を専門とする施設です。 彼らがしているのと同じような仕事をしなさい 人が管理する場合を除いて、ごみ箱。 クリーンポイントの場合、有害廃棄物と見なされるもの(核廃棄物など)を除くほとんどすべての種類の廃棄物を管理できる、はるかに大きな施設があります。

クリーンポイントでは、バッテリー、家具、電化製品、技術廃棄物、食用油などに及ぶ廃棄物が見つかります。 それらは通常、それらが配置されている町の市庁舎によって管理されます。 このようにして、サイズが小さくても、 都市ごみの管理に役立つクリーンポイントがあります。 十分なスタッフがいない小さな施設を見つけることができますが、他の大都市では適切なスタッフで管理されたクリーンポイントがあり、市民が廃棄物を持ち込んだときに廃棄物の堆積を容易にします。

通常、クリーンポイントはシザーゾーンですが、一部の地域にはモバイルクリーンポイントがあります。 彼らは、市民が固定されたクリーンポイントに移動することなく廃棄物の堆積を容易にするために、週にXNUMX回、さまざまな地域に移動する、より緊密なスタッフを備えたトラックです。 これにより、廃棄物管理がはるかに簡単になります。 モバイルクリーンポイントは、最も離れた地域に移動できます。

クリーンポイントに何を投入するか

モバイルクリーンポイント

私たちは、さまざまなリサイクル容器にどのような廃棄物を入れるべきかをよく知っています。 しかし、どのような種類の廃棄物をきれいな場所に捨てるべきかという疑問が生じます。 この生態学的な時点で、彼らは捨てることができます ほぼすべての種類の残留物または廃棄物 人間が私たちの日々に生み出すもの。 コンテナのリサイクルに関してこれらのエリアには大きな違いがあります。これには、大きなオブジェクトを収納するのに十分なスペースがあるか、コンテナ、紙、ガラスほど頻繁に投げることができません。

各クリーンポイントは、所属する評議会に応じた規制によって管理されています。 一般的に言って、それは通常以下の廃棄物に影響を与えると言うことができます:

  • クリスタルとガラス
  • カートンと紙
  • 容器とプラスチック
  • 中程度の量の金属および金属物体
  • この素材の木材とオブジェクト
  • 適切に密閉された容器に入れて運ぶ必要がある使用済み食用油
  • 自動車用オイル
  • 車のバッテリー
  • バッテリーとバッテリー、モバイルバッテリーも
  • X線
  • あらゆる種類のランプ、従来の電球、蛍光灯、LED、低消費量など。
  • アクリルと合成の両方の塗料、およびワニス、溶剤など。
  • マットレス、椅子、テーブルからドアや窓などの大工仕事までの家具
  • 瓦礫、それが家庭的な性質の作品から来ている限り
  • 電子廃棄物、テレビ、コンピューター、携帯電話、電気かみそり、小型家電など。
  • 冷蔵庫からエアコン、食器洗い機、洗濯機などの大型家電製品。
  • 服や靴
  • CD、DVD、プラスチックの箱、プリンターのインクカートリッジ、事務用品など。
  • 温度計および水銀を含むアイテム
  • 剪定と伐採による野菜の残骸
  • 鏡や絵画などの装飾品

きれいなところに投げてはいけないこと

都市廃棄物管理

リストにあるように、私たちが日常生活で取り除くものは事実上すべて捨てることができますが、その性質上、別の方法で処理する必要があり、捨てることができない材料がいくつかあります。 そして、それはこのエリアです これらの廃棄物に必要な安全条件を保証することは適切ではありません。

この生態学的な時点で私たちに影響を与える残留物の中には、分離され続けている残留物があります。 最初に分離せずにさまざまな廃棄物でいっぱいのバッグを持って行くことは、できることではありません。 有機性廃棄物もこのクリーンポイントでは処理されません。 タイヤ、放射性廃棄物、医療廃棄物 感染の可能性があるものは、これらの領域では管理されていません。 一方、有毒または潜在的に危険な物質を含む有毒廃棄物およびコンテナは、ここでも管理されていません。

管理

廃棄物を生態学的な場所に置くとどうなるか見てみましょう。 それは市民と廃棄物の最終的な変換の間の中間の場所です。 これは、廃棄物がそれ自体で変換されない場所であることを意味します。 むしろ、さまざまな種類の廃棄物は、それらの破壊またはリサイクルを容易にするために収集され、カタログ化されます。 リサイクル自体は、市議会が契約している公的または民間企業によって実施されています そして、適切な治療の実施を担当する人。

都市ごみを適切に管理・分離することで、私たちが日常のごみと考えているものから、より良い管理と原材料の作成が可能になります。 したがって、クリーンポイントの利点は、例外的な方法で処理する必要なしに、リサイクルと廃棄物管理を容易にするために準備された施設です。 このような施設は用意されていますが、市民の行動がなければ何もありません。 最終的には 家庭で発生するごみを分別し、正しい方法で分別することが私たちの義務です。

この情報で、クリーンポイントとは何か、そしてその特徴は何かについてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。