ガラスとクリスタルの違い

ガラスとクリスタルの違い

何をよく知らない人が多いです ガラスとクリスタルの違い。 最初は、透明で多くの同様の側面に使用されているため、どちらも同様の素材に見えます。 ただし、ガラスと結晶は同じ組成ではありません。 したがって、同じようにリサイクルされることもありません。

この記事では、ガラスとクリスタルのすべての特性、用途、違いについて説明します。

ガラスの特性

リサイクル時のガラスとクリスタルの違い

ガラスは硬度のある無機固体材料であり、もろいです。 形状は決まっておらず、さまざまなミネラル物質が高温で溶けてできています。 これらの鉱物の中には、炭酸塩や塩、そして多種多様な砂があります。 これらの材料は急速に冷却され、金型内で成形されるツールで操作されます。

ガラスは普通の砂を使って作ることができます。 一般的な砂は液体状態である必要があり、自然に生成することはできません。 それのための、 砂の温度を約1700度に上げる必要があります。 溶融後、冷却して構造を変化させ、固体状態に戻します。 固体に戻ると、黄色い粘土物質ではなく、一定の形状を持たない固体の結晶性物質になります。

ガラスは今日、さまざまな用途で重要な要素として使用されています。 用途のいくつかは、家庭、装飾、電気通信、インフラストラクチャ、電子機器、作業機械、健康機器などです。

ガラスの特徴を見てみましょう。

  • 厚みに関係なく硬い素材です。
  • もろく、叩くと壊れることがあります。
  • 可鍛性のある素材であるため、さまざまな方法で成形して、さまざまな形状や特性を与えることができます。 それが存在するのはこの特性のおかげです 強化ガラス、熱音響、装甲ガラス、合わせガラスなどがある。
  • 鋳造と冷却によって製造された材料であり、それがあれば再軟化することができます 800°を超える温度にさらします。
  • その特性のおかげで、それは繰り返しリサイクルすることができます。 原材料の使用を最適化することは、卓越したリサイクル可能な材料になっています。

ガラスとクリスタルの違い

ガラスと容器

今日、多種多様な結晶があります。 結晶の色は柔らかく、注意して扱う必要があります。 規則的な原子構造を持つ酸化鉛を含む完全な固体です。 それはすべての原子が秩序化されており、それらは明確で対称的な形を生み出します。 ガラスや結晶とは異なり、ガスの結晶化から自然が作り出す素材です。

ガラスは製造されており、不規則な構造になっています。 その成分は天然ですが、石灰石、シリカ、ソーダを見つけるのは、さまざまな原材料全体の融合の結果です。 これらの材料の配置は、結晶で起こることとは異なり、ランダムです。

私たちが使用するクリスタルガラスのほとんどは、実際にはクリスタルではなく、ガラスです。 ほとんどすべての食器は、この材料と、食品、ボトルの成形、缶詰の瓶に使用される容器で作られています。 ガラスは通常ガラス製ですが、ガラス製のものもあります。 ガラスがガラスなのかガラ​​スなのかを知りたい場合は、指で端を軽くたたくだけです。 生成される音の持続時間がかなり短い「ping」である場合、それはガラスのゴブレットです。 一方、音が長ければクリスタルゴブレットです。 さらに、クリスタルガラスはより重く、透明で、薄く、より繊細です。 このタイプのメガネには細心の注意を払う必要があり、通常はより特別なイベントでのみ使用されます。

ガラスに対するガラスの利点

クリスタルメガネ

ガラスがガラスより優れている点を見てみましょう。 私たちは、リサイクルに直面して、 ガラスは100%リサイクル可能な素材です。 これは、材料の質や量を失うことなく、再び溶かすことができることを意味します。 これを行うには、使用済みのガラスくずを緑色の容器に再堆積するだけです。 これらの材料は、製錬炉に再び堆積され、高温で再び成形され、新しい形状になります。

一方、ガラスはリサイクルできません。 ガラス中の酸化鉛は、ガラスよりもはるかに高い溶融温度を必要とします。 したがって、同じ製錬炉は使用できません。 ガラスはリサイクルできないため、灰色の容器に入れる必要があります。 これらは窓や鏡などの大きなガラスの物体です クリーンポイントに保管することをお勧めします。

リサイクルと言えば、リサイクルする前に、あらゆる種類の材料を考慮に入れて、セカンドライフを与える必要があります。 忘れないでください 3R。 100番目のRは再利用です。 可能性のある残留物を取り除く前に、基本的なことはそれにセカンドライフを与えることを試みることです。 そうして初めて、この素材を最大限に活用することができます。 材料をリサイクルする場合、全原材料が再び得られることはありません。 さらに、ガラスの温度を上げて形状を変えるためのエネルギー消費量も追加する必要があります。 材料はXNUMX%リサイクル可能ですが、リサイクルするには追加費用が必要でした。

ガラスとクリスタルの違い:リサイクル

ガラスとクリスタルの両方で何をすべきか見てみましょう。 リサイクル後、ガラス製の製品は変形します ボトル、ジャー、ジャーなどの新しいガラス容器。 花瓶などの家庭用品の製作にも使用できます。

ガラスとクリスタルの違いの中には、この素材はあまり用途がないので、全部捨てられていることがわかります。 ご覧のとおり、ガラスとクリスタルには多くの違いがあり、グリーンコンテナに保管する際には考慮に入れる必要があります。

この情報で、ガラスとクリスタルの違いについてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。