天然ガスボイラーについて知っておくべきことすべて

天然ガスボイラー

多くの家庭では、ボイラーはシャワーやキッチンで使用するために水を加熱するために使用されます。 電気代を節約し、私たちが持っている資源を最大限に活用したいのであれば、どのボイラーがより効率的であるかを知ることが重要です。 今日は天然ガスボイラーについてお話します。

この投稿では、このタイプのボイラーに関連するすべてを学ぶことができます。 それらが何であるか、そしてそれがどのように機能するかから、それぞれの長所と短所を経て、どれを使用するのが最も賢明であるかまで。 あなたはそれについてもっと知りたいですか?

天然ガスボイラーとは何ですか?

ガスボイラーとその発熱量

天然ガスボイラーは、燃料が天然ガスである加熱される水を含む容器です。

私たちは皆、家事の問題にポケットを最大限に活用して、旅行、気まぐれ、または私たちが望むものにそれを使うことができるようにしたいと思っています。 また、エネルギーを使って投入しています 環境の状態への取り組み。 ボイラーは、他の家庭用機器と同様に、使用する水を加熱するため、私たちの生活にとって非常に重要です。

良いモデルを選択するかどうかは、どのボイラーが私たちの状況に最適であるかについての実践的な知識に完全に依存します。 に応じてどのボイラーを選択するかを知ることが重要です モデル、必要なメンテナンス、改訂、効率。 自分に合ったものを選べば、月末にたくさんのお金を節約できます。 さらに、ボイラーの効率と品質が高ければ高いほど、排出される汚染による環境へのダメージが少なくなることを考慮に入れる必要があります。

操作

ボイラーで請求書を節約する

ボイラーには、ガス燃焼の開始を担当するバーナーがあります。 このガスは通常天然ガスですが、 燃料供給がプロパンまたはディーゼルであるボイラーもありますが。 ガスが加熱されると、タンク内に含まれる水が蒸気に変わり、回路を通って出て家の残りの部分を加熱します。 この水蒸気は、ラジエーターや床暖房に接続するために使用できます。

プロパンボイラーが必要 ガスを貯蔵する別のタンク、そのため、このタイプの機器専用にするよりも多くのスペースを占有しています。 ディーゼルのものはより安く、また私たちが料理することを可能にします。 また、燃焼時に発生するガスの排出口が必要となるため、設置も必要です。

これらすべてのニーズにより、このようなボイラーの設置には時間がかかり、最終的には費用がかかります。 このため、天然ガスボイラーが最も安全で実用的です。 天然ガスの概念は非常に広範で広く使用されているため、 ガスシティ。

天然ガスボイラーの種類

天然ガスボイラーにはさまざまな種類があり、前述のように、結局のところ、お金を節約するためにリソースを最適化するためにどれを選択するかをよく知っている必要があります。

水密ガスボイラー

密閉型ボイラー

これらのボイラーは、密閉された燃焼室と 家の中から空気を消費しないでください。 この機能により、燃焼中に生成されるガスが呼吸する空気と接触しないため、安全性が高まります。

低NOxガスボイラー

低NOxの密閉ボイラー

窒素酸化物は、燃焼プロセス中に過剰な酸素で生成される汚染化合物です。 いかなる種類の排出規制もないボイラーは、より汚染され、効率が低下します。 このタイプのボイラーは前のものと同様のデザインですが それはより少ない窒素酸化物を放出するように準備されています。

コンデンシングガスボイラー

凝縮ガス

また、ガスのようにモデルをタイトに保ちますが、水蒸気のエネルギーを何度も再利用するという利点があります。 つまり、彼らは次のような回路を持っています 使用済みの水蒸気をリダイレクトします 次に、タンク内の残りの水を加熱するのに役立ちます。 これにより、生成された蒸気の余熱を利用するため、水を加熱するために使用されるエネルギーの総コストが削減されます。

それらはまたより安全でより効率的であり、天然ガスの消費に多くのお金を節約することができます。

大気ガスボイラー

大気ガスボイラー

このボイラーモデルでは、前のモデルとは異なり、燃焼室が開いており、水を加熱するために使用される空気は ボイラーが設置されている場所から収集されます。 これらのボイラーははるかに汚染が多く、効率と安全性が低くなります。 さらに、彼らは私たちの家にいくつかの有害なガスをそらす。

価格

天然ガスボイラーの価格

各タイプのモデルが数千あるため、一般価格について話すのはやや複雑です。 ただし、大気ボイラー(推奨は最も少ないですが)が最も安価です。 その価格は約300ユーロです。 低品質、低価格。 しかし、そのためではなく、これらを選択する必要があります。 効率が低いため、長期的にはより多くの汚染とより多くのガスを消費することになります。

一方、水密ボイラーは価格が変動します 400から1400ユーロの間。 それらははるかに高価な初期価格を持っていますが、汚染が少なく効率的であるため、長期的には、ガス消費量が少なくなり、したがってコストが低くなります。

ガスボイラーの利点

天然ガスボイラーの利点

ガスボイラーを使用することには利点があり、それらは次のとおりです。

  • その価格は通常安いです(300ユーロから)。 それは家で持つことができます。
  • 水を加熱するその効果 それは非常に速くて快適です。 さらに、サーモスタットとカウンターを備えているので、必要な温度に加熱するようにプログラムすることができます。
  • 彼らは通常多くのスペースをとらず、持っています 長年の寿命。
  • 他の加熱手段に比べて掃除の必要が少なく、騒音も出ません。

デメリット

ボイラーのメンテナンス

最後に、このタイプのボイラーの欠点に名前を付けることも重要です。 唯一の明らかな欠点は、そのメンテナンスです。 それらは年に一度掃除されなければなりません 故障やジャムを回避し、とりわけ事故を防ぐため。

この情報を使用して、最適なボイラーのタイプを選択し、暖房を可能な​​限り節約できます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。